こんにちは、コンドウハルキ(@halukik_0520)です。

自然の多い田舎や山を訪れると、生命の力強さを感じますよね。

そんな生命をテーマに、先日こんな作品を作りました。

少し不気味な雰囲気を目指して、生命の力強さと奥深さを表現しました。掴めるようで掴めない。そんな生命の未知な領域をうまく表現できたのではないかと思います。

この記事では、生命の完成までのプロセスを画像付きで解説していこうと思います。

メイキング動画

生命が完成するまでの作業工程を録画して、YouTubeにアップしているので是非そちらもみてください⬇︎⬇︎

ラフを描く

まず始めにラフを描きます。なんだかめちゃくちゃ適当な気もしますが、おそらく気のせいです。

ラフを描くか描かないか、デジタルかアナログかは人それぞれの好みがあると思いますが、僕はちょっとしたノートに思いついたらすぐに描くタイプです。

画像は生命の実際のラフです。ラフと言っても、作ってる最中に迷走しないための方針のようなものなので、作品をラフそっくりに作る必要はありません。

今回も、ラフと完成作品を比べてみると少し異なる点があることがわかります。

土台を作る

デジタルの作業に入っていきます。まずは土台となる鹿の画像と地球の画像を作っていきます。

鹿の頭の大きさを調整したら、 編集>パペットワープ を使って鹿の脚を変形させていきます。この部分は後々隠れて見えなくなる部分なので、目安程度に形を合わせていきます。

木の装飾を施す

先ほど作った土台をもとに鹿に木の装飾を施していきます。

ここでの木の装飾の工程は大きく分けて

  • 鹿のツノを木に置き換える
  • 体を木の幹で覆う

の2つです。それぞれを解説していきます。

まずは鹿のツノを木に置き換える作業です。鹿のツノを切り取り、鹿の頭にに木の画像をのせてなじませていきます。

今回は木の画像ではなくphotoshopの標準機能であり、木を自動生成してくれる機能を フィルター>描画>木 から使います。

この機能について、動画も交えて解説したツイートはこちら⬇︎

木を生成したら、レイヤーマスクを使って木の幹を消していきます。枝と葉の部分だけを残し、鹿の頭の形に合うように削ります。

鹿の頭との接合面は柔らかいブラシでぼかしつつ、他の木の素材を乗せて違和感がなくなるように処理をします。

次に体を木の幹で覆う作業です。木の画像を切り取って複製し、 編集>変形>ワープ を使って鹿の体の形に合わせて変形していきます。

体の形に沿うように、柔軟に形を変えることがポイントです。

また、体を覆う木の素材の色味やコントラストが頭の木の素材と合うように調整します。色相・彩度やトーンカーブなどの調整レイヤーを作って木の素材全体に統一感が出るようにしていきます。

陰影をつけて立体感を出す

次に陰影をつけていきます。この作業はかなり重要で、作品のクオリティをぐっとあげてくれます。

陰影をつけることでのっぺりした感じがなくなり、全体が浮き出てくるような立体感を与えることができます。

陰影をつける際は、トーンカーブとレイヤーマスクを使っていきます。

  1. トーンカーブの調整レイヤーを作る
  2. トーンカーブの数値をいじって暗くする
  3. レイヤーマスクを適用し、Ctrl + I でマスクを反転
  4. 白色のブラシツールで陰影をつけたい部分をなぞる

この手順で陰影をつけます。

陰影のつけ方に関しては、僕の尊敬するレタッチャーの大谷キミトさんがYouTubeで解説しているので、ぜひそちらも見てみてください。

大谷さんの動画⬇︎⬇︎

どこから光が当たっているのかを考えて、影になる部分を的確に捉えていきます。

装飾・調整

最後にちょっとした装飾や調整を加えていきます。

今回は作ったものを斜めに2分割し、タイトルである「生命」の文字を大きく入れたり、アクセントになるように鳥を小さく入れました。

文字の色や配置を変えてみたり、花や山を足してみるなど試行錯誤をしながら自分がしっくりくる状態を模索します。

仕上げに全体的に色味やコントラストなどを調整し、背景の色を変えたら完成です。

まとめ

今回は生命をテーマにした神秘的でどこか不気味なアートワークが完成するまでのプロセスを解説しました。

もしPhotoshopを扱う際にこの記事で読んだことが少しでも参考になれば嬉しいです。

また、僕の作品を見たことが、自然や生命について今一度深く考えるきっかけになることを願っています。

では。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

haruki-graphics.com   since 2019-04

Log in with your credentials

Forgot your details?